太陽光発電 ~発電量シュミレーション~

SHARPの発電量シュミレーションを初めて体験、実施してみました~
おひさまハイムの、わが家の発電量、少なくない?まずは機械の異常でないか確認します。【第一回】の方法で、シャープさんの発電量と我が家ではどうか検討してみました。

データは、
    SHARP値     我が家    差
2月   400        373    -27
3月   501        612     111 
4月   515        543      28
5月   553        568       15


シュミレーションの条件は、真南向きの角度30°ということだけど、うちもほとんど条件が一緒。
まぁ、こんなもんだろうと思って簡単に試算していたのですが、

灯台下暗し…おひさまハイムFANサイトに、とっても便利なツールがありました
試算してみよう、我が家の発電理論値 というほんとに丁寧にゼロハイム博士が教えてくれるこの内容は、これから太陽光発電を検討している人にもとっても便利だし、さらに、私みたいに、『うちの太陽光ってちょっと発電システムおかしいんじゃないの』って疑問を感じている人にとっては、確認でもあり、さらに今後の予想値にもなるのでとっても便利
データ管理など特になんの知識もないわたしでも、簡単にグラフ化できるのでこれからもっと活用して行こうと思いました
まず、家のデータと発電量理論値を試算し、比較してみました。
実際、和歌山のデータは、なんと、潮岬の観測地で計測されてて…わたしのうちから車で4時間。だからほんとに正確とは行かないけど、データを出してみると…
 
    気象庁30度  NEDO平均  我が家
2月   265        398      373
3月   445        499      612
4月   569        513      543
5月   578        552      568


となりました。
気象庁のデータから考えても少ないわけじゃないし、NEDOの平均値ともそれほどかけ離れているわけでもないので、まずは一安心。
これから、1年は、しっかりデータをとって我が家の発電量をおっていこうと思ってます。
けど…なんだか今年は去年より天候に恵まれていないかも…by 気象庁
これからは、もっと売り電を増やしていく電力消費生活を考えていこうと思っています。

っで、ここでわたしが一番に疑問に思ったのは…
最高発電量ベスト5という報告が、太陽光モニターについているのですが…
我が家のベスト5のなんと、ベストは…2月24日…今年のとっても寒い日だったのに…なぜ??
どこのデータをみても日射量の多さからも考えても、4月、5月がトップに来そうなものの

         太陽光

わたしみたいに不思議に思っている人もたくさんいると思うので、ハイムのブログツールへもベスト5が載る様にしてほしいなっと淡い期待を持ってみたりしてま~す。

順調か、普通なのかはわかりませんが、5月28日、ちょうど、Fioraのお家が引き渡されて、半年で、3000kW達成となりました。少しは社会の環境対策となっているのかな?
実は、この太陽光発電の売電分のお金は、inoimo家では太陽子発電貯金をしています
初期投資にはお金がかかっていますが、そんなことはすぐに忘れちゃいますから太陽光は月々私たちに省エネの大切さと、モニターが青く光っている楽しみを与えてくれます その楽しみの中で、みんなが楽しめる旅行やイベントにこのお金を使おうと計画中。夢は、みんなでハワイだけど…これにはあと何年かかるやら…当初の目標は、箱根で~す Fioraを建てて、半年。Fioraの家は、ぼちぼち楽しみが増えていく家に育ってま~す

          ぽちっとお願いしますemoji560.gif
           
関連記事
Theme: 和歌山県 - Genre: 地域情報

Comment

  • 2008/06/02 (Mon) 22:18
    エコリン #- - URL

    半年間の楽しさが溢れてますね。v-351

     同じものでも意識するのとしないのの差は大きいと思います。

     私も楽しみを見つけられたから省エネもエコも長続きできたのだと思っています。

     おひさま万歳ですね。v-278v-411

  • 2008/06/03 (Tue) 09:11
    たかさん #qbIq4rIg - URL
    最高発電量

    最高発電量は瞬間的な発電量の多さです。
    これが一番多くなるのは、パネルに太陽光が直角に当たる時だと思います。

    太陽の南中高度は、春分秋分の日で90度-観測地点の北緯で和歌山だと北緯34度ぐらいでしょうから、56度ぐらいです。
    これに直角に当たる角度は34度なので、南中高度が春分秋分の日よりも低い時に瞬間的な発電量は高くなると思います。
    つまり、春分の日よりも少し早い時期か秋分の日よりも少し遅い時期です。

    そして気温が高くなると発電効率も落ちますが、春分の日と秋分の日の平均気温を比べると春分の日のほうが低いです。

    ということを考えると、3月上旬ぐらいが瞬間的には一番多く発電してくれそうです。

    4月5月の発電量が多いのは、瞬間的な発電量は若干少なくてもそれ以上に日照時間が長くなるので、トータルで見ると発電量が増えます。

    発電量は大体平均すると1年で1kWあたり1000kWhぐらい発電するみたいですよ。

  • 2008/06/03 (Tue) 18:26
    inoimo #- - URL
    エコリンさんへ。

    本当に、省エネもエコ生活も楽しみながらじゃないと無理ですね
    太陽万歳なのですが…悲しいかな、近畿も梅雨入り…
    毎日順調に雨が降ってますが、いつも雨でも光のおかげでちょっぴり発電。うれしいもんですね。

  • 2008/06/03 (Tue) 18:31
    inoimo #- - URL
    たかさんへ。

    よくわかる説明、いつもながらありがとうございます。
    ゼロハイム博士に聞かなくても、たかさんに聞けば本当にわかりやすいv-10
    次は、秋分の日前後でどんな数値がでるか楽しみにしてますね。
    発電量は、一年で、1kWあたり1000kWhだとすると、うちの太陽光はちょっぴり頑張ってくれている方ですねv-91
    ありがたいもんですね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する