うを伊食堂 和歌山ジビエ界のパイオニア しし鍋をいただく






いついっても明るいご夫婦が迎え入れてくれる


『うを伊食堂』さん



前回のブログの内容はこちら→うを伊食堂



久しぶりに伺ったら、
結構な人気で、
ひとりで新聞を読んでいるいつものおじいちゃんもいるし、
おひとり様で仕事帰りにふらっとよった若そうなお兄さんもいるし、
女子3人で来られてたりとあ~、いろんな人が来るんだなって
再実感。


そして、わたしたちは10人で宴会スタート。



今回ももちろん、しし鍋~。




P1680659.jpg




前回同様にさっぱりみそのスープがうまい。



P1680663.jpg




ごぼうもうまい。

そして、鍋後のじっくりと煮込んだうどんがまたうまい。



P1680661.jpg



おかあさんが作る、サイドメニューはほんまおいしい。
お魚や一品料理は母の味。

今回は、このしし肉のスペアリブ。
これ、しし?って思うくらいおいしかったです。




P1680660.jpg




いついっても、明るく素敵な対応をしてくれる
お二人。
いつまでもお元気でお店を続けてくださいね。



ごちそうさまでした。




Mahalo.
ten_kyusoku2.gif


最後まで読んでくれて
ありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する