新エネルギーからの電力購入について

関西電力から、9月1日より『太陽光・風力発電からの余剰電力購入改正のお知らせ』がきていました。
実は、わたしこんなに値段の差があるなんて本当に知らず…契約のプランによっても余剰電力の購入金額が違うなんてことも知っているようで知りませんでした…
なので少し調べてみましたが、東京電力でも違うし、日本全国で購入金額は違いました。
っで、世界のなかで、余剰電力を高く購入してくれる国はどこか少し調べてみたら…やっぱり、環境大国のドイツはかなり高かったですよ~
なんと、関西電力はぴeプラン(20.46円)に対して、50.62セント・約65.8円
約3倍もの値段でした…驚きです。
今月、うちの売電は約8200円。買電は約9100円だったんですが、これがもしドイツなら…売電が約25800円と桁違い… 恐るべし…。
これにはドイツならではの法律が関係しているようです。
再生可能エネルギー法というらしく…簡単に説明してくれていたサイトからの抜粋です。
地球温暖化防止、環境保全及び持続可能な発展のために、総電力供給における再生可能エネルギーの割合を2010年までに2倍以上にすることを目的に、2000年に制定されたドイツ連邦法。
電力供給事業者に対する再生可能エネルギー買取義務とその買取価格及び期間、系統接続に関する費用負担者、2年ごとに政府が連邦議会に市場状況等について報告書を提出する義務等を規定する。
対象エネルギー源は、風力、太陽光、地熱、水力、廃棄物埋立地や下水処理施設等から発生するメタンガス、バイオマスであり、最低買取価格及びその期間は、エネルギー源、規模、設置環境に応じて細かく定められている。
2004年の改正では、総電力供給における再生可能エネルギーの割合を2010年までに12.5%以上、2020年までに20%以上にすること、大口電力需要者に対する優遇措置、風力発電施設に対する効率を重視した買取価格の設定、バイオガス発電施設や小型水力発電施設に対する買取価格の改善等が改正された。

ほんと、日本も二酸化炭素削減をコマーシャルや会議などで取り上げているのにもかかわらず、国としての強化体制がなっていないような気が…。
太陽光発電をつけて世界の環境大国ドイツに少し興味がでてきた今日この頃でした

ぽちっとお願いしますemoji560.gif
           

関連記事

Comment

  • 2008/08/28 (Thu) 00:04
    たかさん #qbIq4rIg - URL
    電気代

    inoimoさんのところははぴeプラン何ですか?
    太陽光発電載せてると時間帯別電灯の方がお得だと思うんですがいかがでしょうか。

    ドイツでは買い取ってくれる単価も高いんですが、その分通常の電気代も高く設定されているらしいですよ。
    なので日本でするとなると太陽光発電を搭載していない一般住宅からは相当な反対意見が出てくるんじゃないでしょうか。
    既に設置しているユーザーにとってはぜひやってもらいたい政策ではあるんですけどね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する